ふたごとは

五反田の13坪の小さな店をオープンしてから瞬く間に口コミで人気を呼び、
ハイスピードで店舗数拡大していく大阪焼肉・ホルモンふたご。
他の焼肉屋とは一体何が違うのか?その歩みを紐解く。

大阪鶴橋の焼肉店で誕生

焼肉の聖地大阪鶴橋で小さな焼肉店を営む母親から1980年4月13日に一卵性の双生児が誕生しました。

李純哲(リ・スンチョル)と李純峯(リ・スンボン)です。

厳格な父、おおらかで明るい母、年の近い姉と兄の下、有り余る元気印の兄弟はすくすく育ち、30歳で自分たちの店を創ると固く心に誓い上京。

その実直で我慢強い性格は修行先の大手焼肉チェーン店で早くから頭角を現し、子会社の社長を20代にして任されるまでに成長しました。

親孝行のために独立する

2人で固く結んだ約束は2010年5月に実現しました。

五反田の13坪の小さな店です。

ここから「大阪焼肉・ホルモンふたご」の伝説が始まるのです。

オープン間もなく連日行列!

予約が取れない超繁盛店!

その独特な個性的な味とメニュー、肉をスタッフが焼いてくれるという業界では考えられないサービスが瞬く間に話題となったのです。

2011年には中目黒本館、中目黒別館をOPEN。連日連夜お客様で溢れかえります。

夢のニューヨーク出店

2012年には新橋、築地、目黒、高田馬場と次々に高速出店。

2013年には更に三軒茶屋、田町、渋谷、新橋別館、川崎、恵比寿、伊勢崎町、渋谷道玄坂、麻布十番、そしてついに海外初となる台湾出店。 

台湾でもふたごスタイルは大いに受け、2014年の正月には台湾2号店OPEN。

ふたごのステージはすでに第2段階の世界へと進んでいます。

創業時からの目標であったニューヨーク出店もついに2014年3月から始動開始です。

お弁当でもふたごの味をお届けしたい

2013年11月、新業態として宅配弁当「ふたごデリ」を開始。

ここまで繁盛店となった大阪焼肉・ホルモン ふたごの味の原点は大阪で焼肉店を営む母親から受け継いだものです。受け継いだ味をベースに「ふたご」なりにアレンジを加えたことにより、お客様に愛される大繁盛店となりました。

そのふたごの焼肉を弁当で食べられると、ロケや会議などで瞬く間に人気になりました。

食材、味付けに絶え間なく努力し、妥協を許さず、 「徹底的に満足の得られる商品を作り上げる!」ことをモットーにしております。

是非とも家族・友達・会社の仲間と様々な場面で大阪焼肉・ホルモン ふたごをお楽しみ下さい。